原因は一つじゃない|腰痛の真実を知ろう!

脳にある腫瘍と対処法

婦人

脳腫瘍は、頭痛や吐き気、嘔吐などの症状が出やすいので自分で病気に気付きやすいため早めに病院を受診することで予後も良くなります。外科手術で腫瘍を完全に摘出することで、生存率が高く再発の可能性も低くなります。

More Detail

脳動静脈の奇形を改善する

カウンセリング

脳動静脈奇形は、先天性の病気であり動脈と静脈が毛細血管を介さずにくっついてしまっている病気で幅広い病状に対応できる手術による治療が人気となっています。小さな症状を見逃さず、定期的な検査を受けることが大事です。

More Detail

生活習慣の改善を

女性

腰痛とは、腰が痛む症状全般をさしますが、その原因は非常に様々なものがあります。女性は生理の時など、女性ホルモンの関係で腰痛になることがあります。ぎっくり腰や椎間板ヘルニアといった激しい痛みのものもあれば、冷えや生活習慣、姿勢などからくる慢性の腰痛もあります。近年、腰痛患者は増加していると言われています。その理由にも様々なものがあります。一つ目は生活習慣によるものです。パソコン作業を必要とする事務作業が増加し、同じ姿勢でいることが増えたため腰痛を引き起こしているというものです。また、冷えで悩む人の増加も原因といえます。二つ目が高齢化です。高齢になるにつれ、腰痛になる確率は増えます。高齢化社会の進展により、患者の絶対数も増えているというものです。

腰痛の原因は様々で、原因により対処法も異なるという特徴があります。大きく分けて、急性の激しい痛みか、慢性の鈍い痛みかで対処法は変わります。ぎっくり腰や外傷による急性の痛みの場合、すべきことは安静、冷却、圧迫固定です。動かさないように固定し、安静にします。そして急性の腰痛は炎症がおきていることが多いため、まずは冷却することが大事です。冷やしすぎないよう注意して冷やしましょう。慢性の腰痛の場合は、日頃の習慣が重要となってきます。基本は保温、運動、湿布などによる対症療法です。冷えや血行不良が痛みの原因になっていることが多いので、温めることで血行をよくすると改善に効果的です。また、筋肉を増やすと血行もよくなるので運動もよいでしょう。痛みに対しては湿布により緩和させるのが有効です。

人気の診療所

病院

都筑区内科は横浜市の中でも充実していて安心できるところが多いです。現在では、土日の診療や夜遅い時間まで行っているところもあり、利便性も高くなっているため、利用しやすくなっています。

More Detail