脳動静脈の奇形を改善する|原因は一つじゃない|腰痛の真実を知ろう!

原因は一つじゃない|腰痛の真実を知ろう!

脳動静脈の奇形を改善する

カウンセリング

手術で患部を切除する

脳動静脈奇形というのは、生まれつき脳の血管の一部に異常が起きる病気になります。通常、動脈から細くなった血管である毛細血管を介して静脈につながっているのが正常な血管になります。しかし、脳動静脈奇形の場合は毛細血管がない状態で動脈と静脈が直接つながってしまっている状態を言います。症状に合わせて放射線を使った治療やカテーテルという細い管を使った治療などが使われますが、手術で患部を切除する方法が最も人気があります。患部を切除することで、確実に病気の治療が出来て再発の防止にもつながるからです。手術の場合は、比較的治療が簡単な軽度の症状から重度の症状まで幅広い病状に対応できる点が特に高い評価を得ています。

症状に気付くことが大事

脳動静脈奇形は、体に何かしら見てわかるような症状が出るわけではなく病状が軽いとなかなか気になるような症状が現れないこともあります。それでも、小さな症状を見逃さないようにすることで大事に至らずに早い段階で病気の発見につながることがあります。出血を起こしてしまうと、くも膜下出血や脳内出血を起こすと言われていて頭痛や酷い吐き気、意識障害やけいれんなどの症状が出やすくなります。こういった症状が急に起きた場合や続く場合は早めに病院で診てもらうと良いでしょう。特にこれといった異常が感じられなくても、定期的にMRIなどの検査を行いながら異常がないかを調べることも脳動静脈奇形を発見することにつながると言えます。