脳にある腫瘍と対処法|原因は一つじゃない|腰痛の真実を知ろう!

原因は一つじゃない|腰痛の真実を知ろう!

脳にある腫瘍と対処法

婦人

まず症状を把握する

脳腫瘍とは、脳に出来る腫瘍のことで比較的症状に気付きやすいので早期発見しやすい病気です。発作のような形で急に症状が出ることもありますが、多くは発症の前に前触れのようなものがあります。脳腫瘍になると、頭痛や吐き気、嘔吐などの症状が現れます。朝起きてから症状が起きることが多く、日を追うごとにだんだん痛みが強くなったり不調が続くようになるのが特徴になります。腫瘍が大きくなって周辺の組織を圧迫するようになると、言葉がうまく出なかったり手足の麻痺が起きたり、目が見えにくくなったり意識障害が起きることもあります。頭痛は特に起きやすいので数日続いて治らないようであれば病院で検査を受けるようにすると良いでしょう。

外科手術で腫瘍を摘出する

脳腫瘍の治療で人気なのが、外科手術で腫瘍を摘出するというものです。腫瘍を全部摘出することが出来れば、その分予後が良くなります。体の回復も早くなり、生存率が上がり再発の可能性も低くなると言えるでしょう。最近の治療では、脳にある腫瘍を十数倍にも拡大してから腫瘍だけを綺麗に的確に除去できる手術が浸透しているので体への負担が少なく安全性も高い治療となっています。脳腫瘍は、進行すると手術で切除しきれないケースもあるので出来るだけ早いうちに治療を始めることが大事になります。特に不調がなくても、定期的に頭だけのMRIを撮っておくと病気も発見しやすく発見した場合にはすぐに適切な治療が始められるので良いでしょう。